脱毛サロンに通う前に気をつけることを知っておこう!

脱毛サロンでは、脱毛前に必ずカウンセリングを行って、料金に関してや契約の内容などをスタッフさんが説明してくれます。

 

しかし、契約内容以外の事はほとんど具体的な説明はされず、簡単に話して終わってしまう事が多いです。

 

その為、注意点がよくわからないまま施術を受ける人が多いのが現状です。

 

気をつけるポイントをあらかじめ知っておかないと、効果があまり実感できなかったり、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 

では、どういったことに注意すれば良いのか?

 

施術前と施術後に分けて解説していきたいと思います。

 

 

脱毛前に行ってはいけない事

飲酒は絶対NG!

脱毛施術前後は飲酒はNGです。その理由は、体温が急激に上昇してしまう為ですが、それだけではありません。

 

脱毛前後の飲酒がNGな理由

・血行が良くなることで肌トラブルがおこりやすくなってしまう
・乾燥する事で脱毛効果が薄くなってしまう
・施術中に気分が悪くなってしまう(脱毛前に飲んでしまった場合)

血行が良くなることで肌トラブルがおこりやすくなってしまう

お酒を飲むことで血行が良くなります。

 

しかし、血行が良くなることで体内に熱がこもりやすい状態になってしまいます。

 

そうなると、施術中に痛みを感じやすくなってしまったり、脱毛後に赤みや痒みが出てしまったりして肌に負担をかけてしまう事になります。

乾燥する事で脱毛効果が薄くなってしまう

お酒を飲んで体温が上がっている状態だと肌は通常よりも乾燥した状態になってしまっています。

 

脱毛中に肌が乾燥してしまうと、脱毛効果は十分に得る事ができません。その結果、脱毛の効果は弱くなってしまうのです。

脱毛前にお酒を飲んでしまうと、施術中に気分が悪くなってしまう

お酒が入った状態で脱毛を受けると施術中に気持ち悪くなることがあります。

 

脱毛は肌に刺激を与える行為な為、少しの刺激でも身体が敏感に反応してしまう事になるので気を付ける必要があります。

お酒はどのくらいの期間空ければいいの?

飲酒の期間に関しては脱毛の前後1日〜2日控えれば問題ありません。

 

これは、光脱毛でもレーザー脱毛でも同じです。

 

しかし、人によっては脱毛後の赤みがなかなか治まらない人もいます。その為、2日経った段階で赤みや腫れが完全に治まっていれば飲んでも問題ないですが、赤みが残っている場合は完全になくなるまでは控えるようにしましょう。

日焼けをしてしまうと脱毛ができない事がある

脱毛期間中に日焼けをしてしまうと、脱毛サロンによっては脱毛自体を断られてしまう事があります。

 

その大きな理由は以下の通りです。

・脱毛器の光が日焼けした黒い肌に反応してしまう
・脱毛の効果自体が減ってしまう
・脱毛中に痛みを感じる
・肌トラブルになる可能性がある

脱毛サロンの光脱毛は黒いメラニン色素に反応してムダ毛を処理していく方法です。

 

その為、日焼けをしてしまう事で脱毛器の光がムダ毛にピンポイントに働きかける事ができずに、分散してしまいます。そうなると脱毛効果が薄くなってしまうのです。

画像出典元:https://www.datsumou-lab.com/knowledge/sunburn/

 

さらに、日焼けした肌にも光が反応してしまうと、最悪の場合火傷などの肌トラブルになってしまう事もあるので、脱毛サロンでは断られてしまうのです。

 

また、日焼けした肌は乾燥してしまっている状態です。そこに脱毛器の光を当ててしまうと色素沈着を起こしてしまい、シミの原因になってしまいます。

 

日焼けした肌は治まるまでに早くても2ヵ月程度かかり、その期間は脱毛ができない事になるので、十分な日焼け対策をしておく必要があります。

日焼けをしていても受けられる脱毛サロン

 

エステティックTBC
Vライン

TBCの脱毛は光脱毛の他に美容電気脱毛の「スーパー脱毛」という脱毛方法があります。

 

スーパー脱毛は針を使った脱毛方法で、日本で唯一の永久脱毛と言われています。

 

光脱毛は日焼けした肌には脱毛ができませんが、スーパー脱毛であれば日焼けをしていても脱毛をする事が可能です。ただし、光脱毛よりも痛みが強いのがデメリットになります。

 

さらに、一本一本ムダ毛を処理していくので脱毛一回の施術時間が長いです。

 

住所:和歌山県和歌山市友田町5-50 ミナカタビル4F
電話番号: 073-425-2011
営業時間:09:30〜20:00 (平日)  09:30〜19:30 (土日・祝日)

TBCスーパー脱毛 チョイスプラン VIO・5プラン

プレーンゾーン130円
デリケートゾーン143円

Lパーツ:12回49,800円
Sパーツ:26,400円

69,600円

自己処理は2日前に行う

TBCのスーパー脱毛を行う場合はムダ毛がピンセットでつまめるくらいまで伸びていないと脱毛ができないので自己処理は必要ありません。

 

光脱毛に通う場合、自己処理は脱毛当日の2日前に行うようにしましょう。ムダ毛を処理すると肌が乾燥してしまうので、前日にムダ毛の処理を行うのは控えましょう。

 

また、カミソリなどで処理してしまうと肌の表面も一緒に剃ってしまう事になりますので、電気シェーバーで優しく処理をするようにしましょう。電気シェーバーで処理をした場合、脱毛当日には1o〜2oくらいはムダ毛が生えてしまう事になりますが、それくらいであれば問題ありません。

施術前後にやってはいけない自己処理方法

施術を受ける当日や受けた後などにやってはいけない自己処理方法があります。

 

それは、脱毛テープ、脱毛ワックス、毛抜きなどでムダ毛を無理に引っ張って処理をする方法です。この方法を施術前に行ってしまうと、光を照射するべき毛根がないことになってしまいます。そうなると、光が反応せず、十分な脱毛効果を得る事ができなくなってしまいます。

 

また、施術後に無理に引き抜くのも避けましょう。毛穴や肌にダメージを与えてしまう事になります。

 

無理やり引き抜いてもムダ毛は必ず復活してしまいます。毛抜きで処理をしても肌が刺激を受ける事になるので防御行動としてメラニンを生成してしまいます。

 

そうなると色素沈着を起こしたりシミを作ってしまう原因になってしまいます。通常ムダ毛は脱毛施術を受けてから2週間程度で自然に抜けてきます。

 

その際、軽く引っ張って取り除く程度なら問題ないでしょう。

化粧水や日焼け止めの使用について

脱毛前後に化粧水など使用するのは避けるようにしましょう。

 

使用するのであれば脱毛当日は避けるようにして、脱毛サロンに行く前日などに行うようにしてください。

 

なぜかというと、化粧水の成分として配合されているパウダーや日焼け止めクリームなどが毛穴をふさいでしまい、脱毛の効果を下げてしまう原因になる為です。

 

脱毛後にしてはいけない事

脱毛後の入浴はNG!

脱毛をすでにしている人は知っているかもしれませんが、脱毛した後はお風呂に入ってはいけません。

 

その大きな理由は以下の通ります。

・乾燥するため
・体温が上昇するため
・感染症の危険性があるため

乾燥するため

入浴後は急激に肌が乾燥します。乾燥した肌は水分が少なくなってしまうので、肌のバリア機能が弱くなっています。

 

その為、乾燥した肌に脱毛器の光を当てると火傷の危険性があります。

体温が上昇するため

脱毛サロンでは体温が急激に上昇するような行為は全てNGとなっています。

 

その為、お風呂に入る以外では激しい運動、飲酒などもNG項目に含まれています。

 

なぜ体温が上昇してしまう事が良くないのかというと、体内に熱がこもりやすくなる為です。体内に熱がこもった状態になると赤みや痒みなどの肌のトラブルを引き起こしやすくなるのです。

感染症の危険性があるため

普段こまめに掃除をしていたとしてもお風呂場には垢やカビ菌が結構残っています。残っている細菌はお湯に溶け込んでしまい、脱毛後の毛穴に入り込んでしまいます。

 

そうすると、炎症が起こってしまうなどの肌トラブルを引き起こしてしまう事があるのです。

 

細菌が入り込んでしまう事を防ぐためにも脱毛後はお風呂には入らず、汗をかかない程度のぬるめのシャワーで、肌を軽くさする程度にに洗うようにしましょう。この時、スポンジなどでごしごし洗うのもNGです。

 

脱毛後の肌は軽いやけどをしている状態と同じなので、強い刺激は肌を傷つけてしまう事になります。

激しい運動はNG

脱毛は、基本的には肌を冷やしながら行います。

 

施術前に冷却ジェルを使用してから施術を行い、脱毛後はクールダウン効果があるローションなどを塗ってくれます。部位によってはタオルで施術箇所を冷やしてくれます。

 

冷却ジェルなどを使用しながら脱毛を行うのは赤みや腫れなどの炎症を抑える為です。しかし、折角肌表面の温度を下げたのに激しい運動を行って体温を上げてしまうと、肌が炎症してしまう原因になります。

 

運動だけではなく、マッサージも血行を良くする行為になるので、脱毛後には控えるようにしましょう。

予防接種

脱毛をしている期間に予防接種を受ける予定がなければ問題ないですが、会社でインフルエンザなどの予防接種を受ける可能性がある時は注意が必要です。

 

予防接種を受けると一時的に身体は弱った状態になります。インフルエンザの予防接種の場合、人によっては帰宅してからも身体の倦怠感や微熱などの副作用が起こる事があります。

 

光脱毛は約60度以上の光を肌に照射して施術を行います。その為、予防接種を受けた上で脱毛をしてしまうと、身体の調子が普段とは違う為、体調不良を起こしてしまう事があります。

 

かといって、脱毛後に予防接種を受けるのも同じく体調を崩しやすくなります。予防接種を受ける日が予め決まっているなら脱毛の予約はずらすようにしましょう。

 

脱毛が受けられないケース

生理がきてしまうと脱毛ができない

折角脱毛の予約を入れたのに生理不順だからタイミングが難しい、とか、脱毛当日なのに生理がきてしまった、などのように生理に関して悩んでいる女性はとても多いです。

 

生理の時は脱毛も気をつけないといけない事があるので覚えておくようにしましょう。

・毛嚢炎(もうのうえん)になってしまう事がある
・肌が敏感になってて脱毛の痛みを強く感じる
・感染症のリスクがある

生理中は肌が敏感になっていて、バリア機能も低下している為、毛嚢炎(もうのうえん)や肌トラブルの原因になってしまう事があります。さらに経血が器具などに付着する事で感染症を引き起こしてしまう危険性があります。

 

また、VIOに関しては脱毛ができない脱毛サロンがほとんどです。VIO以外は施術を受ける事ができる脱毛サロンもありますので、必ずカウンセリングの時に確認しておくようにしましょう。

 

生理中の脱毛でその他に気をつけたいのはキャンセル料です。

 

脱毛サロンによってはキャンセル料が何日前から発生するのかが違ってくるので、必ず確認しておくようにしましょう。ほとんどの場合は当日のキャンセルはキャンセル料が発生してしまいます。

 

各脱毛サロンごとの注意点

脱毛サロンにおける一般的な注意事項を説明しましたが、各脱毛サロンごとにも、更に気をつけてほしいポイントがあります。

 

それらをまとめて紹介します。

サロン名 禁止事項
ミュゼプラチナム

・10分以上の遅刻
・自己処理(シェービング)を事前にしてない
・予防接種を10日前後に受ける
時間や期間、シェービングに関しての補助がありません。

リンリン

・わき脱毛した後の制汗剤の使用
・入浴NG、肌を強く洗わない
・足脱毛をした後の24時間以内のストッキングの使用
摩擦や肌に負担になるような事が禁止になっています。

脱毛ラボ

・虫刺されスプレーやUVケア商品の使用に注意が必要
・剃り残しは避けて脱毛され、シェービング代は有料
脱毛ラボは使用不可なケア商品の項目が特に多い脱毛サロンです。

TBC

・発汗作用のある行動はNG
・刺激の強い化粧品の使用、初めて使用する化粧品の使用
・脱毛箇所を締め付けたり、擦れたりする服装はNG
・顔脱毛した後に毛身の毛が顔に触れないようにする
摩擦に関しての禁止項目が特に多いです。他の脱毛サロンに比べてかなり繊細です。

 

まとめ

脱毛を受ける前に知っておいた方がいいことをまとめて紹介しました。

 

肌トラブルを避けるために、効果をより実感するために、できるだけ予備知識を持ってカウンセリングを受けるようにしましょう。

 

その上でわからないこと、詳しく知りたい事はカウンセリングの時に質問すればより専門的な深い内容まで説明してくれたり、より詳しく教えてくれたりします。